メリットたくさんの納骨堂!ポイントを覚えて選びましょう!

手を合わせる女性

納骨堂の最新事情

喪服の人たち

お墓を継いでくれる人がいない、予算内でお墓を買おうとすると地方しか無理、そういった理由から利用者が増えている納骨堂。最近では宗旨や宗派を問わず利用できるところが増えており、神道やキリスト教などを信仰している人の利用も増加傾向です。 納骨堂は管理が簡単な反面、お参りした雰囲気や満足感に欠けるというデメリットがありました。最近ではそれらのデメリットを払拭するため、従来のロッカー式以外のタイプも増えてきています。納骨スペースに仏壇と同じような装飾が施されているものや、屋内にお墓を建てるタイプなどその種類は様々。タイプによって費用がかなり変わってくるので、自分や家族にとって一番いいタイプを選ぶことが大切です。

納骨堂の利用を考えているなら、まずは自分に合った納骨堂を探すところからスタートします。最近では霊園や墓地を検索するためのポータルサイトもあるので、そこで検索、資料請求を行うことができます。 納骨堂の利用にかかる費用は、その施設によって変わってきます。お墓を建てることに比べれば費用を抑えることはできますが、高額な施設になってくると数百万円かかるところもあります。また、使用権の他に年間管理費が必要になるところも多いです。 収蔵期間についても調べておく必要があります。納骨堂の多くは更新制ですが、最近は永代収蔵のところも増えています。ただし永代と言っても期間が定められていることもあるので、しっかりと確認しておくことが大切です。

葬儀や墓石の大切さ

菊の花 納骨堂が多くの話題を集めています。高齢化社会の進行が背景にあるのはまぎれもない事実といえるでしょう。核家族化に伴い、墓守の確保も難しくなる中、その存在感の大きさが際立っています。

室内のお墓でもある納骨堂

拝む男性 室内のお墓でもある納骨堂は、リーズナブルな料金から利用ができ、身近な場所にも施設があったり室内にあることからお墓参りの天候にも左右されません。さまざまな形式があるので、それによって予算もばらばらです。

納骨度はリーズナブルで便利

数珠 仏教寺院などの宗教法人では通常のお墓以外にも、納骨堂のサービスを提供しています。こちらでは仏教寺院が提供している納骨堂の詳しいサービス内容について説明していこうと思います。

オススメ記事

花 「メリットたくさんの納骨堂!ポイントを覚えて選びましょう!」のオススメ記事です。